About

正と負、明と暗、

全ての均衡が保たれた

「零」を表す漢字。

透き通り、絶えず流れ続ける

存在を表す漢字「水」。

この2つの文字を合わせた

「澪」という言葉に、

私は深い美しさを感じます。


絶えず美しい流れを

生み出してゆきたい。

それが、私たちが

求め続けている

理想の在り方です。


思いをひとつにした

フォトグラファー、ライター、

デザイナー、エディターと

共にひとつのチームとして、

さまざまなジャンルの撮影、

ライティング、デザインを行い、

新たな印刷物、ウェブサイトなどを

日々、創りつづけております。

正と負、明と暗、全ての均衡が保たれた

「零」を表す漢字。

透き通り、絶えず流れ続ける存在を表す漢字「水」。

この2つの文字を合わせた「澪」という言葉に、

私は深い美しさを感じます。


絶えず美しい流れを生み出してゆきたい。

それが、私たちが求め続けている理想の在り方です。


思いをひとつにしたフォトグラファー、ライター、デザイナー、エディターと共にひとつのチームとして、さまざまなジャンルの 撮影、ライティング、デザインを行い、新たなパンフレット、WEBサイト、印刷物などを日々、創りつづけております。

Member

工藤 裕之

フォトグラファー


東京都生まれ。1992年、明治大学商学部産業経営学科卒業後、フリーのフォトグラファーとして活動を始める。 ホテル/旅館・料理・建物・雑誌など、幅広く商業写真撮影を行いながら、1985年より道北(北北海道)の自然風景を、 2017年より地元さいたま市・武蔵一宮氷川神社をライフワークとして撮り続けている。 “日本の魅力、再発見”がテーマの雑誌『Discover Japan』に創刊より携わり、日本各地を巡りながら、地域活性化事業にも関わる。写真展・講演多数。 2017年5月、世界盆栽大会にて盆栽家・山田香織氏と「BONSAI×PHOTO Exhibition」コラボレーション展示を行い好評を博す。 著書に、道北写真集『時∞空』、『追憶の鉄路』がある。株式会社PHOTO MIO JAPAN 代表。(公社)日本写真家協会会員。


工藤裕之オフィシャルホームページ

吉岡 晋

フォトグラファー


横浜生まれ。1989年 東海大学海洋学部 海洋工学科卒。1989~2000年 複数の仕事に就いた後民間市場調査会社入社。2001年 独立以後、情報セキュリティコンサルタントとして企業のコンサルティングとしての仕事をする傍ら、デジタルカメラによる音楽ライブ等での写真撮影を始める。写真は村林眞叉夫氏に師事。2013年 カレントシュパーブ(Curren Superb)設立。フリーカメラマンとして、ライブ・イベント・インタビュー写真撮影等様々な分野で撮影をしている。仕事とは別に湘南の海辺を中心に作品撮りをしており、2015年から水上での撮影を始めた。2016年からPhotoMioJapan スタッフとして活動開始


吉岡晋オフィシャルホームページ

Company

商号:株式会社 PHOTO MIO JAPAN

所在地:〒336-0022

埼玉県さいたま市南区白幡4-21-25-401

代表取締役:工藤 裕之

Tel/Fax:048-861-8877 

Mail :info@hiroyuki-kudoh-photos.com

工藤裕之オフィシャルホームページ

http://hiroyuki-kudoh-photos.com


取引銀行

みずほ銀行浦和支店

武蔵野銀行武蔵浦和支店


SERVICE

Photo|写真撮影

Photo Direction|写真撮影ディレクション

Web Design|ウェブデザイン